真ゲッターvsネオゲッター観ました。善と暴力の両立…

よかったところ:

・テキサスマックのとっておき。GBのスパロボでしか見てなかったので、こういうロボットだったのかと再確認
・どうやって収納しているかわからないけどカッコ良いゲッタートマホーク
・ゲッター線は、世界線と似たような概念?世界線は線状に分岐する記憶配列でも、ゲッター線はそういった時間軸にプラスして、その時間軸が蓄えているエネルギーも含有しているのかも
・OP、水木一郎と影山ヒロノブ
・善は力、悪は暴力だけど、善が暴力よりの力を使って荒々しく悪を倒していくのがいい
・メカザウルスたちは話し合いで解決したりはできなかったのか?折衝役や参謀がいたら、ゲッターチームはもっとやりにくくなっていたはず。でもそれだとややこしくなってしまう
・やはりゴジラやガメラのように自衛隊が出てくる。実際ああいうのが押し寄せてきたら戦艦も戦闘機も相手を倒せないと思う

個人的には、ストーリーとしてはアニメが終わった後の復興エピローグの方が良いなと思いました。Gのレコンギスタも最終話の後にその後を描いていますが、ああいう場面を25分で作ってくれないかなと思ったりします。DVDの付録とかで載るようにしてたらなぁ…

地球最後の日も見ていましたが、どちらも甲乙つけがたったですね。最終話では何か取り込まれてましたが、あれはまた別のシリーズで描くのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


five − 4 =