?「真ゲッターロボ 世界最後の日 第二話」を観ました。予算を注ぎ込み過ぎてどの辺りから切羽詰まってくるのか…

引き続きspooxでゲッターロボを観ています。ハヤトの目が印象的でした。あの目を見ていると、これまでの間にハヤトの中で何が起きていたのかの雰囲気が伝わってくるようです。目の描写だけで見ている人にこれほどの人物背景を想像させるのはスゴイなと思います。

真ゲッターロボが出てきた辺りでは、早乙女博士に培養?再生培養されていた男が真ゲッターロボを操っていました。スパロボでたいへんお世話になったストナー・サンシャインの必殺技が何話ででてくるのか楽しみです。アニメ自体は見ていないですが断片的に知識を持っているので、その答え合わせをしていきたいと、思います。

私個人としては、ゲッター線というのが何なのか?を見ていきたいですが、たぶんアニメ本編の中では正体不明のエネルギー源みたいな感じで語られていくのではなかろうかと思っています。原発の放射線は危険ですが、その反面温泉などで出ている低出力の放射線は健康に良かったりするので、ゲッター線も研究が進んで応用が効くようになったら、人体の再生培養に使えたりするんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


two × two =