幕間

身を無くしたカエルの霊たちが宿る葉先から
夜露が生まれ
葉から葉へと雫と重なり
月の露光を蓄え

空に遊んでいたカエルが大地へと引かれていくように
幾千
幾万ものカエルの生命は
冬の雪の毛布にくるまれて

冬眠の息と小さく
星の夢を見て
幕間の月はそれ知らず
空に光の帳を掛ける

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


14 + 5 =