季節のステップ

草葉のステップを踏んで
季節は風の道を行く

一つが無数へと湧かれ
無数が一つへと細分の漏れなく合わさって

道を辿りながら行き
行きながら遡る

問いは答えに
答えは問いに

忘れるように憶えていて
憶えるように失っていて

風は季節を巡り
星の記憶を想い出す

まるで幾層にも重ねられた
円い本の貯蔵庫

層を経る事に葉に濾されて
子音と母音の間と間を通り

古くて新しく
新しく古い
まるで今のように懐かしい
足音と足跡達が

雨のタップダンスのように
拍手を奏で続けている

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


14 + 20 =