(過去記事移転シリーズ)ジプレキサの二分割方法は有効だった!空腹感収まる。 2017.2.5

※ここから感想※

幻聴の都合もあって、当時はジプレキサを二回に分けて飲んでおりました。食欲も確かに、当時は異常なほど食べていましたがコントロールしやすくなった記憶があります。ただ、今は
・電磁波シールド布の配置を考えたり、アルミシートでテントを覆ったり
・ダイエット食を見直してみたり
・水分の摂り過ぎとコーヒー飲みすぎ問題に手を付けたり
してみたりしていたところ治まってしまったこともあり、今は寝る前に15mgだけという状態が続いています。幻聴もまた、ゼロ状態に戻すことができました。

昔の記事を読んで感想を付けているわけですが、当時はやっぱり幻聴がうっすらとでも来たり来ていなかったりの状態だったりもしていて、文面を見ていても若干焦っているなと感じます。ついこの間は幻聴が再発気味で焦ったりもしていましたが、何とかまたゼロ状態に戻せて安堵しています。

※ここまで感想、以下当時の記事※

ジプレキサの二分割方法は有効だった!空腹感収まる。

ここ数日間、24時と12時に半分ずつジプレキサを分けて飲んでいましたが、やはり空腹感が全然違い、深夜近くになれば食べたくて仕方が無い魔力に魅せられて食べていたのが、分割して飲むようにしてから食欲が出てこないようになりました。これまでは、スムージー1.5リットルでは飽き足らず袋ラーメンも追加でひとつ食べていたりしていましたが、スムージーも別に要らないかな?というぐらいにまで食欲が安定しています。元々痩せやすい体質でもあったので、食べないようになってから徐々に体重も落ちてきており、非常に満足しております。

では、なぜ食欲が安定してきたのか?ですが、24時-15時と24時-12時では、やはり薬の血中濃度の安定度が違うというポイントが一番なのではないでしょうか。薬の公式ページにいけば血中濃度のグラフを読むことができるのですが、空腹に於ける血中濃度のグラフが一番安定するのが、24時-12時なのではないかと推察します。

また、夜の9時に食欲がドカンと着ていたのが、三時間時間を早めることによって、食欲センサーが一番働く時間帯にちょうど夕飯を食べてしまうことで以降の食欲が安定するという面もあるかもしれません。もしジプレキサの食欲増進効果で体重が参ったことになっている方がいるのであれば、二分割量・二等分時間でジプレキサを飲んでみることをオススメしたいですし、主治医にもこのことは報告しようと思います。自分で人体実験したこともあり、二回に分けて薬を飲むのは血中濃度的にも安定し効果も上がるため、オススメしたいところです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP